ベビーウェアリングBaby wearing

ベビーウェアリングとは

始めの数か月は密着した抱っこが大切

双子抱っこ

生まれたばかりの赤ちゃんは、五感がまだ発達しておらず、「一人前」の人間になるためには、ママに密着した「外世界での妊娠期間」から始まります。

いくら声をかけたとしても、肌で親の温もりを感じるまでは、「一人にされてしまった!」という恐怖感に怯えています。
安心させ、穏やかな発育を促す為にも、始めの数か月間はママに密着した状態で育てるのが理想的です。


赤ちゃんと一体になるベビーウエアリング

ベビーウエアリングとは、単に「赤ちゃんを運ぶ」機能のある抱っこ紐ではなく、「赤ちゃんと一体になる」こともコンセプトにしています。なかでも、一日中、大人と自然に動きを共にすることができるのがベビーラップです。

密着した抱っこやおんぶの安定感が高いのみならず、親子の絆形成も高まります。最初の数か月は、一日中赤ちゃんを抱っこする日も珍しくありません。ママやパパの行動範囲が制限されないため、生まれたときから使用でき、両手が自由になるベビーラップがあれば、出産準備品としても揃えておきたいです。

ベビーウェアリングをしなければ?

赤ちゃんをベビーラップでベビーウェアリングしなければ、子どもが乳幼児期に不自由になるということは決してありません。親子が寄り添い合ったり、スキンシップをとったりして、何か別の方法で触れ合いを体験していればそれでも十分です。
但し、その場合は親の方でより多くの時間を捻出しなければならないかもしれません。ベビーラップを使用すれば、スキンシップのために特別な時間を設ける必要がありません。通常の日常生活を送りながら、自然に子どもとのスキンシップを取れます。

EditRegion5