ディディモスについてFeatures of DIDYMOS

慈善活動

インドでの女子教育支援プロジェクト

インド北西部にあるラジャスタン州の農村地域では、女性の半分以上は読み書きができません。女性より男子の教育を優先させる傾向が強く、一度も学校に行ったことがないまま若いうちに結婚させられる女性が多くいます。読み書きや知識、権利を知らない女性達は早期に結婚を強いられ、不利な条件の下で労働させられています。

女性は、家庭においての育児・健康管理・家計・労働に重要な役割を担っています。女性人口は全人口の半数を占めており、その女性の発展を促さない限り、国の貧困も改善できません。

ディディモス日本代理店は2013年よりこうした地方で、本、防寒着などを贈り、学校を支援してきましたが、これからは単なる現物支給だけではなく、女性が自立できるための環境整備も支援していきます。
自立の第一歩として、欠かせないことは、読み書きや算数の基礎知識です。 2015年5月にラジャスタン州南東にあるコリウム・キ・ダーニ村に女子(14歳~40歳)のための夜間学校が設立されました。織工などの自助グループに所属している約30名の女性が仕事の後、ここで毎日2時間の勉学に励んでいます。

school
school

日本での売上の一部を寄付し、このように学校の光熱費、備品や教材費などの学校運営費として充てられています。限られた予算ではありますが、夜間クラスの年間費用は一人当たり約1万円。一日に換算すると、一人当たりたったの約30円です。 日本でディディモスを愛用してくださる、皆さまのお客様のおかげで、このように少しでも女性自立支援に貢献できることに心から感謝を申し上げます。



女性の自立支援のため


GBSlogo

私達が参加している、女性自立支援プロジェクトのパートナーグラム・バラーティ・サミティ (GBS) (農村地方開発のための共同体)はNGO団体としてラジャスタン州で活動していています。GBSは、女性の社会進出、保健医療、教育、環境プログラムを通じて生活環境の改善に努めています。その活動の中核は、多くの女性が自立して収入を得るためのセルフ・ヘルプ・グループ(自助グループ)の立ち上げをはじめ、女性のための起業支援、非営利の銀行による低利子のローンなど、女性の自立支援・生活向上などを行っています。このプロジェクトより社会進出した女性たちは、家族の健康管理や未来の子供たちへの教育に熱心で、努力を惜しまないということも報告されています。
} ※GBSは国連経済社会理事会の特別の顧問にも就任しています。




EditRegion5