講習会&サービスWorkshops and service

抱っことおんぶの専門家
ベビーラップ・アドバイザー®

ディディモス日本代理店では、ベビーラップ・リングスリング・メイタイタイ専門とするコンサルタント「ベビーラップ・アドバイザー®」を養成しています。

3日間に及ぶ専門知識と実技習得講座を受講後、筆記テスト・実技テスト合格を経て「ベビーラップ・アドバイザー®」に認定されます。認定後は、ベビーラップを中心としたベビーウェアリング体験会・講習会を企画・開催することができます。


講座内容は専門的で広範囲。赤ちゃんの発達に合わせたベビーラップ・スリング・メイタイの様々な巻き方の練習はもちろん、赤ちゃんの正しい抱っこ姿勢、親子の絆形成からベビーウエアリングの歴史、指導方法まで。いずれも、医学・生物行動学の専門家による検証が行われグローバル・スタンダードとなっている知識です。主にベビーウェアリング研究先進国であるドイツの手法を導入しています。また、心理学をはじめとする多分野の科学的裏付けも実施されています。このような高度な研修を受けることで、自信を持って、正しい抱っことおんぶの知識を持った「ベビーラップ・アドバイザー®」として活動していただくことを目指しています。 では、実際に活躍されている方をご紹介しましょう。

木村アドバイザーの例 (東京都)

4児のママとして豊富な子育て経験を活かし、さらに心理士としての知識も活用しながらベビーラップ・アドバイザー®として活躍中です。活動範囲が広く、ユーザーさん向けの体験会・ワークショップをはじめ、子育て支援者向けのセミナーも企画・開催してきました。タッチケア、幸せな出産や産前産後の過ごし方など、親子の絆や笑顔につながることを自ら学び、身に付けたものを発信していくバイタリティは、周りにも一目置かれるほど。また、積極的に外部のイベントに参加して、ベビーウェアリングという視点から、心理面からも『抱く』ということの大切な役割を広める活動を行っています。充実した毎日、いつもとても楽しそうな笑顔が印象的です。

facebook

松澤アドバイザーの例 (北海道)

DIDYMOS日本代理店のホームページでモデルとしても活躍中の松澤さん。どの写真もあたたかい親子関係が映し出されていて、抱っこされたお子さんがニコニコ笑顔です。幼稚園教諭、発達障がい児の専任保育士の経験を持つ、子育てのプロ。特に赤ちゃんの発達を促す抱っことお母さんの心に寄り添ったサポートを心がけているそうです。ご自身の経験からディディモスの心地よさ、快適さを広めたいとベビーラップ・アドバイザーとなり、さらに専門性を高めるためディ・トラゲシューレ マスターコースを受講。幅広い知識と経験を活かし、地域の子育て支援情報発信・お母さん達のコミュニティ作りに取り組んでいます。

川﨑アドバイザーの例 (富山県)

現在、活躍中の川崎さんは現役子育て中の3児のママです。カイロプラクター資格を活かし富山市内の古民家で自宅サロンを開設。カイロプラクティックの施術と総合指導法で健康へと導き、ディディモス活用で赤ちゃんの健全な骨格形成を促すのはもちろんのこと、抱っこ時のママの負担を最小限にしながら、おしゃれも楽しめるベビーラップを提案。さらに、無農薬の野菜を取り入れた「おうちカフェ」を併設し、ランチを通して飽食の時代だからこそ食の大切さを伝える活動で身体の内・外からの総合サポートを実施しています。逞しく、いきいきした雰囲気の川崎さんは若いママ達に子育てへの自信を持たせ、彼女の勉強熱心さや活気にあふれる生き方が多くの方々を魅了しています。

本職や育児の経験を活かせる「ベビーラップ・アドバイザー®」。資格詳細・講座受講についてはお問い合わせください。

EditRegion5